戯曲を読むことは、夢を見ることに似ています ⎯⎯⎯⎯

ページをめくり、台詞を一度声に出せば、そこに物語が動き出す。 『本読み会』で、戯曲に込められた「物語」と「声」を味わってみませんか?
  • ギリシャ劇シリーズ⑥第89回『本読み会/ジャン・アヌイ』レポート
    自分の有限性に直面し、妥協せざるをえないこと。個人として納得いかなくとも、組織人として理解しなければいけないこと。ギリシャ悲劇を題材にしていることを忘れるほど、私たちの生活に密着した葛藤が描かれています。
  • 日本戯曲で触れる!キリスト教シリーズ①第88回『本読み会/矢代静一』レポート
    俗なるものの葛藤や矛盾を認めながら、それでも信仰を必要とする人間たち。あくまで土着の生活に信仰を見出していく。これが矢代静一のたどり着いた宗教観でした。
  • 『本読み会』、出張いたします。
    「『本読み会』を開催して欲しい!」「本読みを利用したワークショップをお願いしたい!」など、状況に合わせてオーダーメイドいたします。
イベント オリンピックイヤーだよ!ギリシャ劇集合 活動報告
0

ギリシャ劇シリーズ⑥第89回『本読み会/ジャン・アヌイ』レポート

自分の有限性に直面し、妥協せざるをえないこと。個人として納得いかなくとも、組織人として理解しなければいけないこと。ギリシャ悲劇を題材にしていることを忘れるほど、私たちの生活に密着した葛藤が描かれています。

お知らせ イベント オリンピックイヤーだよ!ギリシャ劇集合
0

ギリシャ劇シリーズ⑥第89回『本読み会/ジャン・アヌイ』のお知らせ

ジロドゥに憧れて劇作を始めたアヌイ。彼は、多くの作家が翻案に挑んだギリシャ神話のアンチゴネーのエピソードを、強力な自我を持つ英雄的神話的人物アンチゴーヌと、世俗的価値観の体現者とも言える現実主義者クレオンの対立・対決の物語として書き上げた。

お知らせ イベント 日本戯曲で触れる!キリスト教
0

日本戯曲で触れる!キリスト教シリーズ①第88回『本読み会/矢代静一』のお知らせ

日本の戯曲を通してキリスト教文化に触れてみようという新企画!キリスト教をテーマにした戯曲、キリスト教を信仰する作家の書いた戯曲など、少しずつ読んでいければと思っています(主催は素人ですが・・・)。第一弾は矢代静一を取り上げました。お楽しみに!