主宰紹介


大野 遙
(おおの はるか)

1981年生まれ。臨床心理士。
明治大学では演劇学を専攻、同窓だった松山立と共に、2004年に『本読み会』を設立しました。
大学在学中は故・蜷川幸雄氏率いるニナガワカンパニーに在籍、その後はフリーの俳優として活動していましたが、何を思ったかその後臨床心理の世界に転向。大学、大学院で心理学を学び直し、現在は臨床心理士として某所に勤務しています。
『本読み会』を足場に演劇活動も継続。『本読み会』では、事務全般、連絡係、ホームページ管理、イラストレーター、よみたんの中の人などをこなしています。すごい活躍!



松山 立(まつやま りゅう)

1980年生まれ。明治大学大学院を修了。
文化庁新進芸術家海外研修制度でロンドンに滞在し、演技論や俳優トレーニングの研究を続けてきました。
現在は、大学で演劇を教えながら俳優活動を続ける「社会人俳優」です。
ギリシャ悲劇やシェイスクピアなど、流麗な長台詞が好きだったのですが、最近は、ポツ、ポツ、と千切れた台詞も悪くないと思うようになりました。
一女の父。絵本の読み聞かせにも奮闘中です。
(個人ブログ 松山流

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Email this to someonePrint this page
Share this Page !