うろ覚え映画紹介~チャップリンの黄金狂時代~





『チャップリンの黄金狂時代』(1933年くらいかと)

監督・脚本・主演:チャールズ・チャップリン

うろ覚え度:★☆☆☆☆
(星が多いほど、覚えてないってこと。えぇ、自信あります。)

 

彼を知らないとは言わせない。
作品を見たことはなくても、その名は、その姿は、知っているはず。
言わずと知れた喜劇王チャップリンの代表作です。

 

~あらすじ~

アメリカ中が一攫千金を夢見るGoldRush(黄金狂時代)、
多くの男達が金鉱を見つけようと雪深い山々へと分け入った。

人が通ればそこに道ができ、留まればそこに町ができる。
人々の欲望で作られたようなその町には、、

金鉱を見つけながらも記憶を失ってしまった男。
その金鉱を狙うお尋ね者。(たしかラッセンとかいう名前)
町一番の美人踊り子。
そして、そう、チャップリン演じる我らがチャーリーの姿も!

そして繰り広げる数々のドラマ――

吹雪の中、今にも倒れそうなおんぼろ小屋での飢えとの戦い。
人がいいのだけが取り柄の男の、高嶺の花へのかなわぬ恋。
極限状況での男の友情。
人生を変える大金をかけた、命の取り合い。

それら全てのドラマが、とにかく爆笑無しには観られないほどの面白さ!

 

 

ダメだ!
あらすじなんか追ってたって、チャップリンの面白さは伝わらない!!
なので!!!

物心ついた頃から、
繰り返し繰り返し、
ビデオが擦り切れるまで、
活弁つきの「黄金狂時代」を観ていた僕が、
数々の名シーンを、
イラストで描くことにしました!!!

 

クマが・・・。

これは・・・スパゲティ・・・?

おいしそうな、鳥。

ぶらんぶらん。

 

以上。
たまに古い映画は難しいって思い込んじゃってる人がいますけど、3歳児が観ても楽しめる面白さです。ホントに。

観なきゃ損!
観たら分かるから観て下さい!

 

 

以下、解答編。

覚えてた度:★★★★★
イラストが似てた度:★★★★★

 

公開は1925年でした。
お尋ね者の名前は「ブラック・ラーセン」でしたね。
もう後は完璧だな。
それぞれのイラストに対応する写真は・・・

 









 

チャップリンとクマのシーンの写真はどうしてもみつかりませんでした・・・。
映画冒頭のシーンなので、是非直接確かめてください!

 

(参考)
『黄金狂時代』(Wikipedia)
『淀川名画選集-黄金狂時代』

(大野遙)



 

Share this...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.