うろ覚え映画紹介~トッツィー~

『トッツィー』(1970年くらい?)



出演:ダスティン・ホフマン、他

うろ覚え度:★★★★☆
(星が多いほど、覚えてないってことです。うん、ほとんど覚えてない。)

 

驚くべきことに、今20歳前後の人に聞くと、ダスティン・ホフマンを知らない。

「え?ダスティン・ホフマンだよ?」
「あのダスティン・ホフマンだよ?」

思わず確認してしまう。

さらに驚くべきことには、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も知らない。

「そんなバカな!」
「さすがにそれはないだろう。」

おじさんおばさん達のそんな声が聞こえてくるけれど、事実若者は知らない。

「あ、何か名前は聞いたことあります!」

こんな感じだ。

 

考えてみれば『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の公開は確か1985年。
もうほぼ30年前な訳で、知らないのも無理は無いわけです。

うん、ダスティン・ホフマンなんか知ってるわけないよ。
そして僕が『トッツィー』を覚えてないのも無理ないよ。

 

※※※※※

~うろ覚えダスティン・ホフマン紹介~

アメリカを代表する名優。アクターズ・スタジオ出身だったはず。リアリズム。
二枚目でも三枚目でもないけど、生活のにおいが身体から滲み出てきてる、そんな俳優です。
下積みの頃オーディション当日に高熱を出してしまい、仕方ないから「高熱の出てる人」の芝居をしたところ、審査員から絶賛されて合格した。そんなエピソードも。
アカデミー賞は二回ぐらい獲ってたはずです。 (『レインマン』と『クレイマー、クレイマー』じゃないかと思う。)

代表作は
『レインマン』、『クレイマー、クレイマー』、『真夜中のカーボーイ』、『卒業』など。

※※※※※

 

そんなダスティン・ホフマンの主演する最高のコメディー、それが『トッツィー』。
ダスティン・ホフマンがひょんなことから女装するハメになる映画です。
女装してる時に偉い人に会って、なんか気に入られて、テレビに出て、子供向けに恐竜の番組をやってすごい人気が出て・・・

ん?
あれ?
これはロビン・ウィリアムスの『ミセス・ダウト』の筋じゃないか?

女装までは間違いない気がする。問題はそこからだ。
名優ダスティン・ホフマンは女装して、何をしたんだっけ・・・?

 

この続きは、映画をご覧になってお確かめください。
でもね、すっごく面白かったのだけははっきり覚えてるんで、損はしませんよ!

 

 

以下、解答編。

~トッツィー?あ、何か名前は聞いたことあります!~

覚えてた度:★★★★☆
イラストが似てた度:★☆☆☆☆



 

うん、女装してた!
売れない役者が女装して舞台に出て、人気出ちゃうお話ですね。
これはもう『ミセス・ダウト』とごっちゃになっても許されるレベルですよ。

まあ『ミセス・ダウト』も面白い映画ですけどね、大人が見るなら断然『トッツィー』です。

監督はシドニー・ポラック。
出演も、ジェシカ・ラング(この役でアカデミー賞受賞)、ビル・マーレイ、ジーナ・デイビスに監督のシドニー・ポラックなんかも入って豪華な顔ぶれ。

そして何より!
名優ダスティン・ホフマンが”役者を演じる”面白さ!

このダスティン・ホフマンを見てくださいよ!



わあ~
これが役者だよなぁ~

・・・あれ?すげぇ二枚目じゃん・・・。

 

参考
『トッツィー』(Wikipedia)
ダスティン・ホフマン(Wikipedia)
『ミセス・ダウト』(Wikipedia)

(大野遙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください