『プチ・本読み会』をした。

petit-honyomikaiこんばんは、大野です。
先日、友人から頼まれて、プチ・本読み会?のようなことをしました。



参加者は臨床心理を学ぶ院生たち。
演劇経験者も若干名いたのですが、大多数はセリフを読むどころか、戯曲を手に取るのも始めてといった方たちです。

依頼してきた友人は、なんか
「精神分析(フロイトの理論です)に関する本を読んでいて、ハロルド・ピンターの本を読んでみたくなった。」
とかよく分からないことを言っていたのですが、僕もすごい好きな作家なので、二つ返事で了承しました。

で、読んだのはピンターの代表作「料理昇降機(ダム・ウェイター)」。
2日間、合計2時間ほどで読みました。

不条理劇と言われる作品なので、楽しんでいただけるかどうか、ちと不安も感じていたのですが、
結果的にはみな楽しんでいただけたようで、
ピンターの不条理性や、得体の知れない不安や恐怖、
読み手や聞き手によって変わる様々な捉え方について
いろいろと感想を聞くことが出来ました。

なかなか大きい声が出せずに、すんごいおとなしくケンカしてたり、
可愛らしい殺し屋がすごんでたり。
その人の人となりがパーッと出ててみな魅力的。
やっぱり上手い下手じゃないんですよね。本読みは。
上手い下手なんてのはプロに任せときゃいいんだ。

長いこと『本読み会』の活動をしてきて発見したことなんですが、
やっぱり、いい戯曲を選ぶと本読みは楽しくなるんです。
それを再確認しました。あー楽しかった。

「次は何読みましょう?」などと、次回の話も出てきてます。
普段触れない人にこそ、戯曲の面白さを知ってもらいたいですし、
「うちでも『本読み会』やってよ!」
なんて人がいましたら、是非ご連絡ください。

それでは。
(大野遙)

Share this...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.