バレンタインだよ!シェイクスピア祭り 第77回『本読み会・シェイクスピア』





明けましておめでとうございます!
2019年も『本読み会』をどうぞよろしくお願いいたします!
というわけで早速、今年最初の『本読み会』をご案内させていただきます。

年始は毎年、「お正月だよ!シェイクスピア祭り」と題して、シェイクスピアを読むというのが恒例でしたが、今年は主宰二人の都合が合わず、開催が2月と遅くなってしまったので、2月の大イベント(?)であるバレンタインに絡めてみることにしました。
以下、詳細です。




参加申し込みが定員に達したため、現在は”見学・キャンセル待ち”の枠のみで、お申し込みを承っております。ちなみに”見学・キャンセル待ち”とは、
・参加枠の方からキャンセルが入れば、参加枠に変更するかどうか選べる。
・参加枠の方からキャンセルが入らなければ、見学枠での参加となる。見学枠での参加の場合もやることは同じで、セリフも読むことができるが、参加枠の方より読める量は少なくなる。

という枠のことです。見学でも十分楽しんでいただけるよう進行しておりますので、ぜひお申し込みいただければと思います。













バレンタインだよ!シェイクスピア祭り 第77回『本読み会・シェイクスピア』



■作家
ウィリアム・シェイクスピア

■作品
「新訳 ロミオとジュリエット(角川文庫)」河合 祥一郎 訳

■日時
2019年2月16日(土)17:30~21:30

■場所
都内・文京区周辺

■参加費
諸経費として、お一人様300円

■作品について
「ロミオ、ロミオ、おおロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」
ジュリエットのこの有名なセリフで知られる「ロミオとジュリエット」は、世界で一番有名な戯曲と言っても過言ではないでしょう。
そしてその筋立ても、すでに世界中の人の知るところ。
敵対する二つの名家にそれぞれ生まれた恋人たちが、しかしその運命的な恋を成就することは許されず、死を迎えることになるーー
ね、知っているでしょう?世界で一番有名なラブストーリー、それが「ロミオとジュリエット」なのです。

しかし、もし「ロミオとジュリエット」の物語を、甘くて悲しい、そしてちょっと古臭い、そんなラブストーリーだと思っていたら、それは大きな間違いかもしれません。
この物語を読んで驚かされるのは、ロミオやジュリエット、そして彼らの友人たちが持っている、いわば「狂気」。命の価値を何だと思ってるんだ!それはそんなに重要なことなのか!そう叫びたくなるほど、彼らは死に向かって突き進んでいくのです。
「狂気」と感じられるほどの若さ、愚かさ。「狂気」と感じられるほどの愛。しかしそれは、我々が憧れながらもいつか失ってしまった、生きることの中心にある何か、なのかもしれませんね。

と、しかしまあそれは私の読み方です笑。でももうすでに、「どうしてあなたはロミオなの?」というセリフも、少しイメージが変わって聞こえてきてはいませんか?
どんなに分かった気になっていても、ひとたび声に出して読み始めると、思いもよらないような新しい顔がまた現れてくる。そこはやはり天才シェイクスピアの仕事ですね。

さあ今年のバレンタイン、運命の恋に出会えたあなたも、そうでないあなたも、天才シェイクスピアの描いた“世界一有名なラブストーリー”に立ち会ってみませんか。

■おねがい
作品は未読のままでもご参加いただけますが、全シーンを読まず、ところどころ飛ばして読み合わせを進める可能性もありますので、一度目を通してからのご参加をお勧めしております。
図書館やインターネット等を利用して戯曲を入手し、目を通していただければと思います。
(当ホームページの「戯曲の探し方」もご参照下さい。)

どうしても見つからない場合は『本読み会』までご連絡ください。こちらでテキストをご用意致します。

■定員について
参加者一人ひとりがしっかりとセリフを読めるよう、毎回定員を設定しております。(定員数は戯曲によって変動いたします。)
申し込み多数の場合には、見学でのご参加をご案内させていただきます。

皆様のご参加をお待ちしております!



参加申し込みが定員に達したため、現在は”見学・キャンセル待ち”の枠のみで、お申し込みを承っております。ちなみに”見学・キャンセル待ち”とは、
・参加枠の方からキャンセルが入れば、参加枠に変更するかどうか選べる。
・参加枠の方からキャンセルが入らなければ、見学枠での参加となる。見学枠での参加の場合もやることは同じで、セリフも読むことができるが、参加枠の方より読める量は少なくなる。

という枠のことです。見学でも十分楽しんでいただけるよう進行しておりますので、ぜひお申し込みいただければと思います。




参加申し込みはコチラから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください