「谷賢一さんと楽しむ! 戯曲翻訳ワークショップ」のお知らせ

translation-ws


※このワークショップは、参加申し込みが定員に達したため、募集を締め切りました。

みなさんこんにちは!最近イベント続きの『本読み会』が、またまた魅力的なイベントを企画しちゃいました。
なんと、作家・演出家・翻訳家として活躍中の谷賢一さんが、”戯曲の翻訳”について、おもしろおかしく教えてくれるワークショップです!

谷賢一さんと楽しむ! 戯曲翻訳ワークショップ

講師
谷賢一氏

日時
2016年3月20日(日)13:00〜17:00

場所
千代田区、飯田橋近辺

参加費
3,500円

定員
7名(先着順)

内容
戯曲の翻訳………それは不可能に対する挑戦だ!
話し言葉を扱う戯曲にとって、翻訳は単なる言語の移し替えではありません。セリフを語る登場人物の意志を、思いを、いかに異なる文化の中で再現するかという、超難関問題です。
今回の講師は谷賢一さん。作家としての日本語力、演出家としての劇的感受性を兼ね備えた翻訳は、小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞するなど高い評価を受けています。戯曲の翻訳の難しさ、そして面白さを、谷賢一さんと一緒に味わってみませんか。

当日は
デヴィッド・オーバーン『プルーフ/証明』
ライル・ケスラー『オーファンズ』
ハロルド・ピンター『昔の日々』
ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』
等の戯曲を使用する予定です!

講師・谷さんからのコメント
翻訳というのは奇妙な体験で、天才になった気がします。だってすでにいい本があるわけ
で、自分でストーリーを考えたわけでもないのに、きちんと訳すと、自分だけの言葉で書
かれたいい本ができあがってくる。プロット・設定・ストーリーを考えるという最も大変
な作業を省いて、文章を書く・台詞を考えるという楽しいとこだけ楽しめるわけです。

きちんと教材作ってお配りしますから、英語力はほとんど必要ありません。「台詞を書く」
という楽しさと、私なりの翻訳の秘訣をお伝えできればと思います。

※このワークショップは、参加申し込みが定員に達したため、募集を締め切りました。

講師紹介

谷賢一
作家・演出家・翻訳家。DULL-COLORED POP主宰。Theatre des Annales代表。

明治大学演劇学専攻、ならびにイギリス・University of Kent at Canterbury, Theatre and Drama Study にて演劇学を学んだ後、劇団を旗揚げ。「斬新な手法と古典的な素養の幸せな合体」(永井愛)と評された、ポップでロックで文学的な創作スタイルで、脚本・演出ともに幅広く評価を受けている。

2013年には『最後の精神分析』の翻訳・演出を手掛け、第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、ならびに文化庁芸術祭優秀賞を受賞した。また近年では海外演出家とのコラボレーション作品も多く手がけ、シディ・ラルビ・シェルカウイ『PLUTO』(シアターコクーン)、アンドリュー・ゴールドバーグ『マクベス』(PARCO劇場)、デヴィッド・ルヴォー演出『ETERNAL CHIKAMATSU』(梅田芸術劇場/シアターコクーン)などにそれぞれ翻訳・脚本・演出補などで参加している。

近年の代表作に、梅田芸術劇場/シアターコクーン『ETERNAL CHIKAMATSU』(脚本)、あうるすぽっと『TUSK TUSK』(演出)、KAAT『ペール・ギュント』(翻訳・上演台本)、PARCO『マクベス』(演出補)、東宝『死と乙女』(演出)、シアターコクーン『PLUTO』(上演台本)、DULL-COLORED POP『夏目漱石とねこ』(座・高円寺)・『河童』(吉祥寺シアター)、Theatre des Annales『トーキョー・スラム・エンジェルス』(青山円形劇場)、東京グローブ座製作『ストレンジ・フルーツ』、『モリー・スウィーニー』(シアタートラム)などがある。

「谷賢一さんと楽しむ! 戯曲翻訳ワークショップ」のお知らせ」への3件のフィードバック

  1. 加藤 素子

    募集締め切りとのことですが、キャンセル待ちとかいう方法はないでしょうか?

    返信
    1. 『本読み会』 投稿作成者

      ごめんなさい。お気持ちは大変ありがたいのですが、こちらの管理の都合上、キャンセル待ちをお受けする予定はありません。
      万が一キャンセルが多数になり、開催が危ぶまれるような状況になった場合には、再度募集をかける可能性もありますが、おそらくそのような状況にはならないかと思います。
      またご期待に沿えるような魅力的な企画をご用意できればと思います。その際は是非ご参加ください。

      返信
  2. 加藤 素子

     早速の返信ありがとうございます。 残念ですが仕方ないですね。 またの機会をお待ちしています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.