『読んで楽しい!現代戯曲』④ 第57回『本読み会・ピンター』&『忘本会!2015』のお知らせ

pinter長期開催イベント『読んで楽しい!現代戯曲』第一期〜戦争が終わってから、パソコンが出るまで編〜の第4弾として、第57回『本読み会・ピンター』を開催いたします。
そして、毎年恒例の『忘本会!2015』も同日開催いたします。
以下、詳細です。



 

第57回『本読み会・ピンター』

■作家
ハロルド・ピンター

■作品
『バースディ・パーティー』(1957)
訳:沼沢 洽治(ぬまさわこうじ)
→私、ずっと”ぬまさわしゅうじ”だと思っていました・・・。勉強になった・・・。

収録:ハロルド・ピンター全集第1巻
ハロルド・ピンター全集(3巻揃い)
ハロルド・ピンター全集

■日時
2015年12月26日(土)13~17時

■場所
都内・千代田区周辺

■参加費
諸経費として、お一人様200円

■作品について
とある下宿屋で生活する老夫婦と一人の下宿人。そこに二人の来訪者が現れ、下宿人のバースディ・パーティーを開くーー
1957年に執筆され、1958年に初演を迎えたこの作品は、興行不振のため、たった一週間で打ち切りになってしまったとか。確かにこの作品を読んでみると、何が語られているのか、何が行われているのか、分かるようで分からない、得体の知れないものを感じます。きっとお客さんは、自分が何を観たのか、理解できなかったのでしょう。

しかし、今やこの戯曲は、現代イギリス演劇を代表するノーベル文学賞受賞作家ハロルド・ピンターの初期の傑作と言われています。

一体この戯曲に書かれているものは何なのか。何がそんなに評価されているのか。気になりますよね。でも、それを「理解」することは果たして本当に重要なことでしょうか。
たくさんの人間の声と視線が交わる場所で、戯曲はその姿を表します。1958年という時代の一観客になったつもりで、傑作「バースディ・パーティー」を味わってみませんか。
みなさんのご参加をお待ちしております。

■おねがい
作品は未読のままでもご参加いただけますが、全シーンを読まず、ところどころ飛ばして読み合わせを進める可能性もありますので、一度目を通してからのご参加をお勧めしております。

図書館やインターネット等を利用して戯曲を入手し、目を通していただければと思います。
(当ホームページの「戯曲の探し方」もご参照下さい。)

どうしても見つからなければ、開催2週間前までを目処に『本読み会』までご連絡ください。こちらでテキストをご用意致します。

■定員について
参加者一人ひとりがしっかりとセリフを読めるよう、毎回定員を設定しております。(定員数は戯曲によって変動いたします。)
申し込み多数で参加者枠がいっぱいになってしまった場合には、見学でのご参加をご案内させていただきます。参加者にキャンセルが発生した場合は、見学の方から順に参加者枠のご案内をいたします。

※お知らせ
すでに、参加申し込みが定員に達してしまいましたので、現在は見学枠でご案内しております。参加者にキャンセルがあった場合は、見学枠の方から優先的に参加枠のご案内を差し上げます。

ただ、今回は忘本会が同日開催のため、できるだけたくさんの方にご参加いただければと思っています。見学の方もいつも以上に楽しめるように、進行していきたいと考えています。ご参加ご検討いただければ幸いです。
もちろん、忘本会のみのご参加も歓迎いたします。

 

参加申し込み・・・の前に、 ↓ の「忘本会」のお知らせもご覧ください。

 

aida

『忘本会!2015』のお知らせ

上記、第57回『本読み会・ピンター』開催後に、『忘本会!2015』を開催いたします。

『忘本会』とは何か。

いつも本のことばかり考えている(?)我々、年の瀬くらい本のことは忘れてお酒を飲みましょう!という、まあ言ってしまえばただの忘年会です。ぜひご参加ください!

■日時
2015年12月26日(土)17:30〜20:30くらい?

■場所
千代田区ら辺の飲み屋さん

■参加費
3500〜4500円くらいですかね・・・。コースにするかどうか、飲み放題つけるかどうかはまだ決めてません。参加希望の方は、申し込みの際にでも、希望を書いてもらえると助かります。

 

『本読み会・ピンター』だけのご参加も、『忘本会』だけのご参加も、もちろん両方のご参加も、心よりお待ちしております!

参加申し込みはコチラから

Share this...
Share on Facebook15Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.