第40回『本読み会/サム・シェパード』のお知らせ

shepard以下、詳細です。



 

第40回『本読み会/サム・シェパード』

■作家
サム・シェパード

■作品
『埋められた子供』
安井武・訳

収録
埋められた子供―サム・シェパード戯曲集 (英米秀作戯曲シリーズ)

■日時
2013年3月10日(日)13~17時

■場所
都内・千代田区周辺

■参加費
会場代として、お一人様50円
訂正:すみません!いつもの会場が予約出来なくて、ちょっと高い部屋になってしまいました!
今回はお一人様200円でお願いします!
4倍になってもまだ200円!安い!『本読み会』!


■作品について
舞台はアメリカ中西部の一軒の農家。
古ぼけた階段。色あせたカーペット。ほころびたソファーに、旧式の大型テレビ。
時代に取り残されたような一部屋に響き渡る、西部訛りの老婦人の声。

ある雨の夜に暴かれるのは、「埋められた子供」に怯える家族の物語です。

サム・シェパードは、1960年代のアメリカ、オフ・オフ・ブロードウェイに劇作家としてデビューしました。
日本では、もしかしたら劇作家としてよりも、『ライトスタッフ』など多くの作品に出演した映画俳優としてや、『パリ、テキサス』などの脚本家としての方が有名かもしれません。
『埋められた子供』は、そうした多彩な顔を持つサム・シェパードの代表作。
1979年のピューリッツァー賞を受賞しています。

暴力的な言葉の中に、美しくも不条理な詩が立ちのぼる――
サム・シェパードの言葉を味わってみませんか。

■おねがい
作品は未読のままでもご参加いただけますが、全シーンを読まず、ところどころ飛ばして読み合わせを進める可能性もありますので、一度目を通してからのご参加をお勧めしております。
図書館やインターネット等を利用して戯曲を入手し、目を通していただければと思います。

とは言うものの、戯曲作品の場合、(それがどんなに有名な作品でも)なかなか手に入れるのが難しいという場合もあるかと思います。
そのような場合は『本読み会』までご連絡ください。こちらでテキストをご用意致します。(郵送での対応になりますので、早めにご連絡ください。)

■定員について
申し込み多数の場合にご参加をお断りさせていただく事がございます。あらかじめご了承ください。
(お申し込みは先着順で受け付けますので、お早めにお申し込みいただければと思います。)

皆様のご参加をお待ちしております!

 

参加申し込みはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください