お正月だよ!チェーホフ祭り 第39回『本読み会・チェーホフ』のお知らせ

毎年恒例の「お正月だよ!シェイクスピア祭り」が、今年はチェーホフ祭りになりました!お食事を楽しみながら、チェーホフの短編喜劇で初笑いはいかがでしょう。
以下、詳細です。



 

お正月だよ!チェーホフ祭り
第39回『本読み会・チェーホフ』

■作家
アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ

■作品
『熊』
『結婚申しこみ』
(翻訳は、以前『本読み会』にも講演に来ていただいた松下裕氏の訳を考えております。)

収録
チェーホフ全集〈10〉 (ちくま文庫)

※以上の二作品の他にも、参加者の希望があれば他のチェーホフ作品やその一部なども扱います。チェーホフ祭りです。

■日時
2013年1月19日(土)13~17時

■場所
千代田区、御茶ノ水駅近くにある、本読み可能な居酒屋さんです。

■作品についてと、いつもの『本読み会』との違い
今回読むのはチェーホフの傑作短編喜劇、「熊」と「結婚申しこみ」。
チェーホフと言えば「三人姉妹」や「桜の園」などの四大喜劇が有名ですが、あれらの作品を読んだ方の中には、
「あの作品のどこが喜劇なの!?」
と感じた方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、チェーホフの短編は違います。ザ・喜劇です。笑劇です。
たとえばこんな調子です。

スミルノーフ「(とびあがって)黙れ!だれにむかって、ぬかすんだ!きさまなんぞ、サラダにしてくれるぞ!」
ルカー「(胸をおさえる)たいへんだ!・・・助けてくれ!・・・(肘掛け椅子に倒れる)ああ、苦しい、胸が苦しい!息がとまったぞ!」

サラダを食べながら読みたいセリフですね。
ということで、今回はいつもと違い、会場が居酒屋。食事が楽しめます。
読みながら食べ、飲みながら読む、そんな『本読み会』です。(かつては食べ飲みしながらの『本読み会』もよく開催していたのですが、今回は久々の復活となりました。)

また、今回はチェーホフ祭りということで、参加者の希望があればチェーホフの他の作品もつまみ食いのように読んでいこうと考えています。
「読んだことのない作品をちょっと読んでみたい」「好きなシーンを読んでみたい」
そんなご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。(ある程度テキストは用意しますので、当日のリクエストにも対応できるかと思います。)

食べて飲んでのくつろいだ気分の中で、チェーホフの面白さを存分に味わってみませんか?
皆様のご参加を、心よりお待ちしております!

■参加費
いつもは参加費お一人様50円ですが、今回はお食事代がかかります。
本読みをする新年会のようにお考えくださいませ。
ただ、「お金はあまり払いたくないな。。。」という気持ちも痛いほど分かりますので、参加費は出来るだけ抑えたいと考えております。
参加希望者の人数や、皆様のご意見も伺いながら決めようと思っていますが、今のところ考えていますのは、

・基本参加費1000~1500円+各自お好きなものをご注文

という感じのシステムにしようかと考えております。
参加不参加はまた後日決めていただいて構いませんので、気になる方は遠慮なさらず、お問い合わせやご要望をお寄せくださいませ。

■おねがい
いつもは、「作品は未読のままでもご参加いただけますが、一度目を通していただいてからの参加をお勧めいたします。」とご案内していますが、今回はお祭りです。読んできても読んでこなくても、どちらでも構いません。
当日のテキストもこちらで出来る限りご用意しますが、限界がありますので、もし図書館やインターネット等を利用して戯曲が手に入りましたら、ご持参いただけると大変助かります。
また、「熊」「結婚申しこみ」以外の作品で読みたい作品がありましたら、そちらもご持参いただければと思います。(事前にお伝えいただければ、数部ご用意しておきます。)

■定員/お申し込み期限について
今回は定員は設けません。が、万が一、会場に入りきらない程の人数からお申し込みがあった場合にはご参加をお断りさせていただくかもしれません。本当に万が一の場合ですが。

お申し込み期限につきましては、原則開催の3日前、1月16日までとさせていただきます。
(可能であれば、お早めにご連絡いただけると助かります。)

参加申し込み後のキャンセルはもちろん可能ですが、こちらもお早めにご連絡いただければと思います。
遅刻・早退での参加をご希望の場合も、遠慮なくご相談ください。

その他、気になること、分からないことなどございましたら、遠慮なくお問い合わせください。
皆様のご参加をお待ちしております!

お問い合わせはコチラから
参加申し込みはコチラから

Tweet about this on TwitterShare on Facebook13Share on Google+0Email this to someonePrint this page
Share this Page !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.