フライヤーデザイン

『建築家とアッシリアの皇帝』のフライヤーデザインを担当した映像作家の川添彩さん。ご覧のとおり、ダークでポップでナイスなフライヤーを仕上げてくれました。




彼女の作品『The Elephant Died』が、第58回オーバーハウゼン国際短編映画祭のインターナショナルコンペにて上映されることが決まりましたので、ご報告させていただきます。

オーバーハウゼン国際短編映画祭は、毎年ドイツで開催される老舗映画祭。短編映画専門の映画祭としては、世界で最も長い歴史をもち、ヴィム・ベンダースやジョージ・ルーカスも、かつてこの映画祭に参加した監督の一人。川添も巨匠たちに肩を並べることができるか!?

 

もう一度ご覧下さい、このダークでポップなフライヤーを。

「ダークでポップなフライヤーをつくってください」

としか言わない(言えない)僕らの勝手な注文を受けて、川添は見事な仕上げをやってのけました。

台本を読んでも読んでもわけのわからないこの芝居。稽古を重ねれば重ねるほど、新たに迷路が広がっていくこの戯曲。

ふと立ち止まってフライヤーを見直してみると、この中に羅針盤が隠されているような気さえします。

行ってこい、川添!そしてこの先引く手あまたの大監督になっても、『本読み会』をよろしくね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください